サラヤ株式会社の医療・介護関係者向けサイト

感染対策のススメ

PPEのススメ

処置別のPPE着用例

嘔吐物・排泄物の処理

嘔吐物・排泄物には大量の微生物が含まれているため、これらに汚染されないために手袋、プラスチックエプロン、マスクを着用します。
感染性胃腸炎、特にノロウイルスの場合、接触感染以外にウイルスを含んだエアロゾルを吸入することで感染したとされる報告があるため、換気を十分に行い、嘔吐物・排泄物が乾燥しないうちに速やかに処理を行うことが重要です。
また、嘔吐物・排泄物が飛び散る危険性がある場合には、これらの防護具に加えてゴーグルを着用し、プラスチックエプロンをガウンに変更します。

使用するPPE

解説をご覧になりたいPPEをクリックしてください。

各PPEの選定規格基準

→まだ会員登録されていない場合は、先にこちらより会員登録をしてください。