サラヤ株式会社の医療従事者向けサイト

感染対策のススメ

PPEのススメ

PPE別解説

マスク

マスクを着用する目的

1.湿性生体物質による汚染から医療従事者を守る

血液や体液で汚染される可能性がある場合、医療従事者の鼻腔・口腔の粘膜を守る

2.湿性生体物質による汚染から患者や物品を守る

医療従事者が無菌的処置を実施する際、医療従事者の鼻腔・口腔粘膜に保菌している病原体に患者や物品が曝露されるのを防ぐ

3.呼吸器感染拡大防止のため(呼吸器衛生/咳エチケット)

咳をしている人から呼吸器由来の感染性分泌物が飛散されるのを防ぐ

マスクの材質

マスクは湿性生体物質を遮断することを目的としていますが、紙や布製のマスクは液体を透過してしまうため、着用者が感染性物質に曝露する可能性があります。感染対策のためには、液体バリア機能を備えたサージカルマスクが必要です。

微生物の大きさとマスク

サージカルマスクは直径5μmまでの粒子を除去することができますが、細菌の大きさは約1μm、ウイルスは0.02~0.1μm程度のため、このままではサージカルマスクを通過してしまいます。しかし、咳やくしゃみで飛散する際には、粒子の周りに水分を含んだ直径約5μmの飛沫となっているため、サージカルマスクによって予防することが可能です。
結核菌や麻疹ウイルスのように、微生物の周囲の水分がなくなったいわゆる飛沫核(直径5μm以下)による空気感染が懸念される感染症についてはN95マスクが必要です。

N95マスクとは?

N95マスクとは、0.3μm以上の微粒子※を95%以上遮断し、かつ着用している部分からの空気の漏れ率を10%以内に抑える機能のあるマスクです。
顔にしっかりフィットするものを選ぶことで、空気感染する結核や麻疹などから着用者を守ります。

※ここでいう0.3μmとは動力学的質量径(粒子の密度を考慮した数値)であり、数量中位径(実際の粒子の大きさ)で表すと0.075μmとなります。

サラヤサージカルマスクの紹介