サラヤ株式会社の医療・介護関係者向けサイト

情報誌

高齢者施設・慢性期病院におけるゾーニングの手引き ~新型コロナウイルス感染症~

監修:下沖 収(岩手医科大学附属内丸メディカルセンター センター長・教授)
執筆:高橋 幹夫(岩手医科大学附属内丸メディカルセンター 感染制御部 副部長)

高齢者施設や慢性期病院でのゾーニングについて解説した資料です。ゾーニングとは清潔区域と汚染区域を明確に区別することをいい、感染拡大防止のための基本的な考え方です。
本資料では、新型コロナウイルス感染症とその感染対策について、ゾーニングの基本事項から、具体例を紹介しながらゾーニングの考え方などを解説しています。

高齢者施設・慢性期病院におけるゾーニングの手引き~新型コロナウイルス感染症~
※印刷される場合は、両面印刷がおすすめです。

【CONTENTS】

第1章 新型コロナウイルス感染症と主な感染対策
1. 新型コロナウイルス感染症の特徴
2. 感染経路
3. 手指衛生
4. ユニバーサルマスキング
5. 個人防護具(PPE)
6. 感染者および疑い例、濃厚接触者の隔離
7. 環境・物品の消毒
8. 換気
第2章 ゾーニング
1. ゾーニングの考え方
2. ゾーニングと色分け
3. ゾーニングにおける主な留意事項
4. 動線
第3章 ゾーニング例
1. 前室のある個室を隔離に用いた、居室を汚染区域、前室を準清潔区域、廊下を清潔区域とするゾーニング(病院)
2. 前室のない部屋を隔離に用いた部屋単位のゾーニングと、複数の部屋を隔離に用いたゾーニング(高齢者施設)
3. 間違いを起こしやすいゾーニング例と改善例(高齢者施設)
4. クラスター(アウトブレイク)発生時、1階と2階を利用した大規模な回廊型ゾーニング(病院)
自施設でゾーニングを実施するときのチェックポイント
冊子をご希望の方

冊子をご希望の方は、各営業担当者にお問い合わせください。
なお、在庫状況により、ご用意できないものもございます。ご了承ください。