サラヤ株式会社の医療・介護関係者向けサイト

セミナー・展示会情報

「第36回 日本環境感染学会総会・学術集会」開催レポート

2021年9月19日(日)~20日(月)に名古屋国際会議場にて、第36回日本環境感染学会総会・学術集会が開催されました。弊社は「ランチョンセミナー」の共催と出展企業として参加いたしました。
ランチョンセミナーでは、忽那 賢志先生(大阪大学大学院医学系研究科・医学部 感染制御学講座)に座長をお勤めいただき、橋本 丈代先生(福岡大学病院 感染制御部)に『感染対策における病院環境管理の重要性 ~多剤耐性菌アウトブレイクからコロナ禍までの経験を経て~』というテーマでご講演いただきました。
展示会場では、サニサーラAqua Lightやベッドパンウォッシャー(アトムベッドパンウォッシャー、CLINOX 3A AUTO)、発売予定の紫外線照射装置など、様々な製品をご紹介させていただきました。
ランチョンセミナーおよび展示会場へご来場ならびにWebにてご参加いただきました皆様に心より感謝申し上げます。

学会全体を通して

第36回日本環境感染学会総会・学術集会は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行の影響により、開催が7ヶ月延期となり、現地会場とWeb配信のハイブリッド形式で開催されました。今回のテーマは「一竜一猪」です。一竜一猪とは、努力して学ぶ人と、怠けて学ばない人との間には大きな賢愚の差ができるということです。例年の学術集会では7,000名を超える参加者による熱い議論が交わされており、本年の学術集会でも多くの医療従事者のご参加と活発な討論をしてほしいという、愛知医科大学の三鴨廣繁大会長の強いメッセージが込められています。COVID-19に関する講演を始め、特別講演や教育講演、シンポジウム、ランチョンセミナー、スイーツセミナーなど700題を超える講演に、現地参加とWeb参加あわせて4,800名を上回る参加者が集まり、活気に満ちた会となりました。さらに今回はオンデマンド配信もされ(一部講演を除く)、気になる講演を後日改めて視聴することもできるようになっています。

ランチョンセミナー
日時 2021年9月20日(月)12:00~12:50
会場 第2会場(名古屋国際会議場 1号館4階 レセプションホール)
演題 感染対策における病院環境管理の重要性
~多剤耐性菌アウトブレイクからコロナ禍までの経験を経て~
座長 忽那 賢志先生
大阪大学大学院医学系研究科・医学部 感染制御学講座
演者 橋本 丈代先生
福岡大学病院 感染制御部

講演より

橋本先生には、感染対策における環境管理の変遷から多剤耐性菌アウトブレイク時のご対応やコロナ禍でのご経験まで、感染対策における病院環境管理について幅広い内容でご講演いただきました。
医療機関における環境管理は感染対策として重要であり、いつの時代でもその一翼を担っています。近年では環境を介した多剤耐性菌の伝播やアウトブレイクなどの問題から、ますます適切な環境整備が求められています。薬液含浸クロスを用いた環境整備など従来から実施してきた用手方法に追加して、近年では非接触型殺菌消毒装置(紫外線照射装置など)を活用する方法が注目されつつあります。福岡大学病院で経験された多剤耐性菌のアウトブレイクを例にアウトブレイク時の最終清掃・事後の環境培養調査に関する状況やかかった費用、現在使用されている紫外線照射装置の導入のきっかけやご活用方法、清掃担当者への教育など、実際の取り組み事例を含めてご教授頂きました。
環境管理に使用する薬剤や清掃用具を適切に選定するだけでなく、有効に活用するためには使用される方への教育や連携なども必要です。手指の接触頻度を考慮し、高頻度接触表面を意識しながら実施する環境管理の重要性を改めて認識しました。

受講者の声(抜粋)

  • 環境整備の重要性が再確認できた。
  • 多剤耐性菌対策の実際が具体的で参考になった。環境清掃は人の手によるため不確実性があることを改めて考える機会となった。
  • 紫外線照射の有効性や環境消毒での位置づけについてよくわかった。今後検討していくべきだと感じた。
  • 清掃業者との連携について、考えさせられた。環境管理の基本部分の重要性をどのように伝え、共有していくか学ぶことができた。
  • 環境清掃の評価をする必要性がより一層理解できた。
展示

今年度は「感染対策のトータルソリューション」をテーマに、サニサーラAqua Lightやプロテゲートモニター、プライムバリアヴェール、ナフィアスN95マスク、サラヤ環境清拭クロス PREMIUM CLEANINGなどの新製品をはじめ、ベッドパンウォッシャー(アトムベッドパンウォッシャー、CLINOX 3A AUTO)や、今後発売予定の紫外線照射装置など、多数の製品をご紹介しました。サニサーラAqua Lightは、実際にその場でご試用いただき、とろけるように手肌になじみ、繰り返し使用してもべたつかない、さっぱりとした使い心地を体感いただきました。

  • 速乾性手指消毒剤サニサーラAqua Light

    エタノール76.9~81.4v/v%を含有するアルコールジェルで、手肌に塗布した瞬間、すばやく広がり、繰り返し使用してもべたつかない

    商品の詳細はこちら

  • ハンドケアローションプライムバリアヴェール

    手肌を保護しうるおいを持続

    商品の詳細はこちら

  • N95マスクナフィアスN95マスク

    NIOSH認証N95規格マスク

    商品の詳細はこちら

  • 除菌クロスサラヤ環境清拭クロス PREMIUM CLEANING

    拭き始めから拭き終わりまで質の高い環境清拭を実現

    商品の詳細はこちら

Medical SARAYA事務局より

今年は、COVID-19の感染が継続する中での開催となりました。COVID-19のご対応等でお忙しい中、弊社のランチョンセミナーおよび展示ブースへのご来場ならびにWebにてご参加いただきました皆さまに改めて御礼申し上げます。
ランチョンセミナーおよび展示ブースにて頂戴しましたご意見、ご要望は今後の弊社の事業に役立てていく所存でございます。
来年は「コロナ時代の感染制御を学ぶ」をテーマに2022年6月17日(金)~18日(土)にパシフィコ横浜にて開催されます。メーカーとして感染対策に励む皆様へのお力添えができるよう励んで参りますので、今後とも、一層のご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。