サラヤ株式会社の医療・介護関係者向けサイト

セミナー・展示会情報

「第93回日本医療機器学会大会 学術集会」開催レポート

第93回日本医療機器学会大会(大会長:東 竜一郎(サクラ精機株式会社 代表取締役社長)が2018年5月31日(木)~6月2日(土) パシフィコ横浜 アネックスホールおよび展示ホールにて、「医療技術、医療機器産業の明日を考える」をテーマに開催されました。
シンポジウムでは単回使用医療機器 (SUD) を取り巻く現状について取り挙げられました。行政、医療機関や再製造業者、患者など様々な立場に立ち、SUD再製造をめぐるメリット・デメリットを共有することで、再製造実現への期待が膨らみました。

ランチョンセミナー
日時 2018年6月2日(金)12:10~13:00
会場 パシフィコ横浜 アネックスホール 第3会場
演題 再生処理ツールとしての過酸化水素滅菌の有用性と課題
演者 大石 貴幸 先生
社会福祉法人恩賜財団済生会支部 神奈川県済生会横浜市東部病院
TQMセンター 感染管理対策室 副室長

講演より

過酸化水素滅菌の原理や課題についてお話いただきました。過酸化水素滅菌と過酢酸含有過酸化水素滅菌の作用機序について図を用いてご説明いただき、過酢酸と過酸化水素が合わさった場合の滅菌効果についてご教授いただきました。それだけではなく、過酸化水素滅菌の理想的な滅菌工程管理についてもお話しいただき、バリデーションの定期的実施、毎回の物理的モニタリング、化学的インジケータを用いた滅菌判定が重要であることをお教えいただきました。さらに、生物学的インジケータの特徴や過酸化水素滅菌における生物学的インジケータ使用時の留意点をご教授いただきました。
安全な医療の提供や、感染対策の面からも、根拠のある再生処理方法を用いることは必須であることを改めて認識いたしました。

受講者の声(抜粋)

  • 過酢酸含有過酸化水素は、滅菌効果が高く、危険性が低いことがわかった
  • 滅菌の仕組み、BIについて細かく説明があり、わかりやすかった
展示

弊社展示ブースにおいて、新製品のパワークイックジェット超音波両用洗浄剤Sや過酸化水素ガス滅菌器 STERIACE 100、ベッドパンウォッシャー CLINOX 3Aなどの弊社製品や冊子などを展示しました。
新製品のパワークイックジェット超音波両用洗浄剤は特殊界面活性剤を配合しており、洗浄槽内の泡立ちを制御しつつ、複雑な構造をした器材に対しても安定した高い洗浄力を発揮します。
過酸化水素ガス滅菌器 STERIACE 100は、過酢酸を含有した過酸化水素ガスを用いることで低温滅菌処理を安全・低コスト・ハイスピードに行うことを実現しました。

その他弊社からの学会発表

その他弊社からの発表で(1)清拭クロスによるアシネトバクター属菌の汚染除去および移行に関する検証、(2)特殊な界面活性剤がウォッシャーディスインフェクターの洗浄性に与える影響を発表いたしました。

Medical SARAYA事務局より

この度、弊社のランチョンセミナーおよび展示ブースにご来場いただきました皆さまに改めてお礼申し上げます。ランチョンセミナーおよび展示ブースにて頂戴しましたご意見、ご要望は今後の弊社の事業に役立てていく所存でございます。
今大会では、行政、医療提供者、産業界など、様々な立場から医療産業の発展について見解を共有し、多角的視点で未来の医療を考える機会となりました。
メーカーとして、安全な医療器材の供給に役立てるよう励んで参りますので、今後とも、一層のご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。