サラヤ株式会社の医療従事者向けサイト

感染対策のススメ

手指衛生のススメ

手指衛生の目的と種類

手洗いは医療関連感染を防止するための最も重要な手段です。医療関連感染は手を介して伝播されることが多く、手洗いは感染対策の基本となります。一般的に手洗い方法は、目的に応じて「日常手洗い」「衛生的手洗い」「手術時手指消毒」の3つに分類されます。

日常手洗い

・食事の前やトイレ使用後など、日常生活で行う手洗い
・石けんと流水を使用して、手指に付着した汚れや有機物および一過性の付着菌を除去することを目的とする

衛生的手洗い

・主に医療従事者が医療行為や介護の前後などに行う手洗い
・汚れを落とすだけでなく通過菌の除去を目的とする

手術時手指消毒

・手術スタッフが手術前に消毒薬を使用して行う手洗い
・常在菌数を減らし、手術中の菌の増殖を抑制することを目的とする

感染リスクに基づく手洗いレベルの分類

衛生的手洗い、手術時手指消毒は、微生物を確実かつ効率的に除去するためにアルコール手指消毒剤を用います。アルコール手指消毒剤にはそれぞれ特徴があるため、手指衛生の目的に応じて、業務や手肌に合った製剤を選ぶと良いでしょう。

商品のご紹介

サラヤの手洗い剤

サラヤのアルコール手指消毒剤(速乾性手指消毒剤)

※手術時手指消毒剤