サラヤ株式会社の医療従事者向けサイト

学術情報

文献紹介

口腔ケア

Oral care reduces incidence of ventilator-associated pneumonia in ICU populations

著者
Mori H, Hirasawa H, et al.
出典
Intensive Care Med, 32(2): 230-236, 2006

キーワード:口腔ケア、口腔衛生、人工呼吸器関連肺炎、VAP、集中治療、ICU

ICUにおける人工呼吸器装着患者の口腔ケア実施有無によるVAP発生率(1,000人工呼吸器装着日当たり肺炎発症)を調査している。口腔ケア実施群のVAP発生率は3.9、口腔ケア非実施群のVAP発生率は10.4と口腔ケア実施群のVAP発生率が有意に低かった(P < 0.001)。両群ともVAPの原因となる細菌の中で最も多く分離されたのは緑膿菌であった。次いでMRSA、カンジダが分離された。口腔の細菌数は、1回の口腔ケアで有意に減少した。適切な口腔ケアを行うことでICU患者におけるVAP発生リスクが低減される。

Oral care and pneumonia

著者
Yoneyama T, Yoshida M, et al.
出典
The Lancet, 354(9177): 515, 1999

キーワード:口腔ケア、口腔衛生、肺炎

【投書】口腔ケア実施により介護施設入所高齢者の肺炎発症率が減少するかどうかを2年間追跡調査している。口腔ケア非実施群の肺炎発症率は19%であるのに対し、口腔ケア実施群の肺炎発症率は11%であった。口腔ケアを行わない場合は肺炎発症の危険性が高かった(相対リスク1.67[95%CI:1.01-2.75,P=0.04])。口腔ケアは介護施設入所高齢者の肺炎リスクを低減させた。

文献キーワード検索