サラヤ株式会社の医療従事者向けサイト

学術情報

文献紹介

手術関連

Preoperative chlorhexidine shower or bath for prevention of surgical site infection: A meta-analysis

著者
Chlebicki MP, Safdar N, et al
出典
Am J Infect Control, 41(2): 167-173, 2013

キーワード:SSI、予防、シャワー浴、入浴、メタアナリシス

クロルヘキシジンを用いた全身入浴とプラセボおよび入浴なしを比較、評価している16件の研究を対象とし、手術部位感染(以下、SSI)予防の術前対策としてクロルヘキシジンによるシャワー浴が有効であるかメタアナリシスにより調査を行った。対象患者は合計17,932例であった。SSI発生率は、クロルヘキシジン群6.8%、対照群(石けん、プラセボ、シャワー浴/入浴なし)7.2%であり、有意差はなかった。

Chlorhexidine-alcohol versus povidone-iodine for surgical-site antisepsis

著者
Darouiche RO, Wall MJ, Itani KMF, Otterson MR, Webb AL, Carrick MM, Miller HJ, Awad SS, Crosby CT, Mosier MC, AlSharif A, BergerDH
出典
N Engl J Med, 362(1): 18-26, 2010

キーワード:SSI、クロルヘキシジンアルコール、ポビドンヨード

最適な術前皮膚消毒は手術部位感染(以下、SSI)を減少させると考えられる。そこで、2%クロルヘキシジンアルコールと10%ポビドンヨードのSSI感染予防について、準清潔手術を受ける成人849人を対象に比較・検証している。その結果、2%クロルヘキシジンアルコールでは10%ポビドンヨードに比べ、臓器-体腔感染のSSI率に有意差は無かったが、SSI率全体や切開部表層感染率、切開部深部感染率は有意に低く、SSI予防に優れていることが示唆された。

文献キーワード検索