HOME > 手術室の感染対策-Surgical SARAYA- > 手術時手指消毒

手術室の感染対策 Surgical SARAYA

手術用手袋

Key Word
ラビング法、ウォーターレス法、ツーステージ法、スクラビング法、揉み洗い法

いま、ラビング法を採用する施設が増えています。

手術時手指消毒は、通過菌の除去および皮膚常在菌の減少を目的に医療従事者が手術前に行う手指消毒のことで、ラビング法※とスクラブ剤を用いた消毒法(スクラビング法、揉み洗い法、ツーステージ法)に大別されます。

ラビング法とスクラブ剤を用いた消毒法の「消毒効果」を比較した報告では、有意差がなかったとする報告とラビング法のほうが優れていたとする報告があり、その評価は定まっていません。また、ラビング法とスクラビング法において「SSI(手術部位感染)の発生率」は差がないことが報告されています。

一方、「コスト」に関しては、ラビング法はスクラブ剤を用いた消毒法と比べ、経費がおよそ2分の1から8分の1になることがいくつかの報告で認められており、経済的です。また、ラビング法で用いるアルコール手指消毒剤はスクラブ剤と比較して、皮膚への影響が少なく、医療従事者から使用を好まれることが報告されています。

ラビング法は、欧州では以前からよく行われていた方法ですが、日本においては、2002年にCDC(Centers for Disease Control and Prevention:米国疾病予防管理センター)が発表した「医療現場における手指衛生のためのガイドライン」においてアルコール手指消毒剤を用いた手術時手指消毒方法が推奨されて以降、採用する施設が増え始め、現在においても増加傾向にあります。

※ラビング法は、ウォーターレス法と呼ばれる場合もあります。

手術時手指消毒の手引き

PDFダウンロード(会員専用)
shujutsu(3.6MB)
※印刷される場合は、両面印刷がおすすめです。

※「第1章 手術時手指消毒 概論」のみダウンロードしていただけます。
冊子をご希望の方は下記までご連絡ください。
→お問い合わせフォームはこちら
学術部:06-4706-3938(受付時間:平日 9:00〜18:00)

術前準備における基本手技のひとつである手術時手指消毒について、図表をまじえて分かりやすく解説した1冊です。

手術時手指消毒方法、用いる消毒剤と有効性評価試験、手術時手指消毒に関する国内外のガイドラインに加え、医療施設における手術時手指消毒の実例などを紹介しています。

コンテンツ

【第1章 手術時手指消毒 概論】

  1. 手術時手指消毒の目的
  2. 手術時手指消毒に用いる消毒剤
  3. スクラビング法、揉み洗い法、ツーステージ法
  4. ラビング法
  5. ラビング法とスクラブ剤を用いた手術時手指消毒方法の比較
  6. 手術時手指消毒を行う前の重要事項
  7. 手袋を外したときの手指消毒
  8. ハンドケア
  9. 手術時手指消毒に関する各種ガイドラインなど
  10. 手術時手指消毒に使用する消毒薬の有効性評価試験方法

【第2章 手術時手指消毒 実例紹介】

  1. ツーステージ法
  2. ラビング法

ラビング法手順 動画

ツーステージ法手順 動画

ラビング法の手順(例)

ヒビスコール®液A0.5%の使用例

爪先が汚れている場合には、ネイルクリーナーを用いて流水下で汚れを取り除く。

ヒビスコール®液A0.5%は、手と前腕にまんべんなく塗布する。推奨消毒時間内は、ヒビスコール®液A0.5%が乾燥しないように適宜追加する

ポスターデータを依頼する(会員専用)

ツーステージ法の手順(例)

スクラビイン®S4%とヒビスコール®液A0.5%の使用例

ポスターデータを依頼する(会員専用)

ページトップへ