HOME > 手術室の感染対策-Surgical SARAYA-

手術室の感染対策 Surgical SARAYA

近年、医療の現場では、EBM(Evidence Based Medicine:エビデンスに基づく医療)という言葉を頻繁に耳にするようになりました。個々の経験や各施設で行われてきた慣習にのみ依拠するのではなく、国内外のガイドラインや優れた研究の成果に幅広く触れ、日常業務の中で積極的に実践することが求められています。

こうした状況の中、手術室においても、患者および医療従事者の安全をより確かなものとするため、感染対策を強化する必要がありますが、「一体、何から取り組んだらいいのだろう・・・」というお悩みはないでしょうか?

Surgical SARAYAでは、手術室における感染対策で鍵となる、「手術用手袋」等にポイントをしぼり、手術室関連のSARAYA製品等をご紹介いたします。

  • ラビング法の有用性、各種手術時手指消毒の手順などをご紹介します。

  • 手術用手袋の特徴、選択のポイント、正しい装着手順などをご紹介します。

  • 手術室向けの製品をご紹介します。

ページトップへ